LEATHER TOWN SOKA PROJECT

私たちについて

草加市とその近郊は、60年以上の歴史がある皮革の産地です。
時代の変遷とともに、人や原料・材質は変われどスピリットは変わらず、"皮"から"革"へ自然から預かった大切な素材を無駄なく活かす方法を模索してきました。新しい鞣しや加工方法にも日々チャレンジしています。
お米の油を用いた鞣し加工もその一つです。抜群の手触りの良さ、主に植物性の鞣し剤とお米の油を使うことで完全に土に還すことのできるエコロジカルなレザーです。
牛や馬、ヒツジ、ヤギ、シカや豚、その他にワニなどのは虫類、サメにいたるまで様々な革で素材提供が可能なのも多様な職人の集まる草加ならではです。